低価格で受ける

都心の道路

検査費用は現在では軽自動車1400円、小型自動車1700円、普通自動車1800円となっているが昔はもっと安かった記憶があります。 また自動車修理工場に継続検査を通してもらうには最低でも一台当り強制保険、重量税、登録検査料等の法定料金以外2万円は掛ったものです。 当時は陸運局の外郭団体の指導で高め誘導されているとの噂がありましたが審議は定かではありません。そもそも車検検査が修理工場でしか受けられないとの決まりはなく、1990年頃にはユーザーが直接検査を受けることが一般化しました。 それが大幅な車検代減に繋がり当時修理業の高収益体質は急激に改まり現在では継続検査代行に様々な業種が生まれガソリンスタンドも盛んに低料金検査を謳っています。 今では修理工場でさえ車検代10000円以下も珍しくありません。

日本の車検制度は1930年にタクシー・バスに制度化され1951年に軽自動車を除く全車両に義務化され、1973年に軽自動車にも義務化されて今に続いています。 その制度では車検有効期間が1年、2年、3年の3種類です。 車検を受けるには自動車税を完納されている事が条件で書類提出時は都、県民税である自動車税が全額納められているかを証明する納税証明添付が義務付けらています。 他に自動車損害責任保険通称強制保険が車検有効期間1年の際は13ヶ月他の期間も有効期間のプラス1ヶ月加入してなければ成りません。 車検は国土交通省の各地区陸運局の車検検査所の検査及び登録が必要です。 昔は自動車整備工場で定期点検検査後陸運局に車を持ち込みの上検査を受けましたが現在ではユーザ車検制度も確立しています。